男の子の産み分けはリンカルと排卵日でも失敗する?食べ物にも関係がある?

03.142017

この記事は4分で読めます

男の子を希望する方にとって、良く耳にする「リンカル」。

この「リンカル」はカルシウム製剤で、
20年以上に渡って男の子の産み分けにおいて高い成功率を維持しています。

果たして男の子の産み分けはリンカルさえ飲んでおけば、成功するのでしょうか?

今回は男の子の産み分けにリンカルはどのくらい効果があるのか、
食べ物、排卵日など他にも気を付けるポイントがあるのかまとめて紹介します。


sponserd link

男の子の産み分けはリンカルでも失敗する?




リンカルは飲んだからといって男の子の産み分けが100%成功するわけではありませんが、
飲むだけで70%程の成功率が望めます。

私も今3人目を妊活中で、上が女の子二人で次こそは男の子!と熱望しているため、
リンカルは毎日欠かさず飲んでいます。
妊活の準備期間を含め、リンカルを飲み始めてもうすぐ1年になります。

実際私が、男の子の産み分けをされた方のブログを調べたところ、
リンカルを飲んだ結果、男の子を出産した方はたくさんいました。

リンカルをたった3ヵ月飲んだだけで、無事男の子を出産され方もいました。

他に特に産み分け対策をしなかったけど、リンカルだけは飲んでいたので、
実際リンカルが効果があったんじゃないかな、という方もいます。

一方で、1年間毎日リンカルを飲んだけど、生まれたのは女の子だったという方もいらっしゃいます。


成功するか失敗するかは、神のみぞ知る領域ですが、
絶対男の子が欲しいと思う方は、飲んでみる価値はあるかと思います。


リンカルはどこで手に入るの?



産み分け指導をしている産婦人科では、リンカルを処方してくれます。
近くにそのような病院がない場合は、ネットでも購入できます。


リンカルは、杉山産婦人科の生み分けネットの通販で購入できます。
こちらは信頼できるサイトですが、リンカルの類似品を販売しているサイトもあるので注意してください。

生み分けネット
https://www.umiwake.jp/


では、リンカル以外に産み分けに効果的な食べ物はあるのでしょうか?

sponserd link

男の子の産み分けなら食事や食べ物は何がいい?



良く言われるのは、

「夫が肉食(酸性)、妻が野菜(アルカリ性)中心の食事をした方がいい」
ということ。


女性は特に効果があるものは

・バナナ
・シリアル


の2つと言われています。

バナナはアルカリ性の食べ物なので、体をアルカリ性に傾けてくれます。
シリアルは高カロリーであり、アメリカの大学の調査では、シリアルを週に多く食べる人はあまり食べない人に比べ、男の子を出産する確率が87%以上も高いと報告されています。

男の子になるY精子はアルカリに強いので、
食べ物により女性の体のPHをアルカリ性に傾ける目的があります。

ただ食べ物による産み分けは今のところ科学的根拠はなく、
人間はPHを一定に保つ性質があるため、完全にPHを変えることはできないようです。


このように科学的根拠がないことと、
「これを食べないといけない!」と思うと、個人的にはストレスになりそうなので、
私は特に食べ物は気にしていません。

また食べ物に関しては、栄養が偏ってしまう場合もあるため、
私は偏食にならないようバランスよく食べることをお勧めします。



また産み分けとはあまり関係ありませんが、
妊娠するためにはこの2つも摂取するとよいとされています。


・アクエリアス
・葉酸



アクエリアスはこれに含まれているアルギニンという成分が、
「質の良い卵子を作るため」いいとされています。

葉酸は有名ですよね。
私も妊活中なので飲んでいます。
胎児の細胞分裂や増殖に葉酸が重要な働きをしているため、
妊娠時には葉酸が母体から欠乏しないように妊娠前から葉酸は重要になってきます。

産み分けによいとされる食べ物をとるよりも
妊活によさそうな食べ物を積極的に取り入れていくほうが赤ちゃんにはよさそうですね。

では、リンカル、食べ物以外に産み分けに最も重要なことは一体何でしょうか?



男の子の産み分けなら排卵日は要チェック?



産み分けには排卵日が何よりも大事です!
自分の排卵日を特定するのは大変難しいですが、


・基礎体温
・排卵検査薬
・おりもの
・排卵痛



この4つをチェックすれば、だいたい特定できます!

基礎体温は個人差はありますが、
ガクッと体温が下がった前後が排卵日とされています。

排卵検査薬は薬局で売っています。
これも個人差はありますが、排卵がいつか全く分からない方には有効です。

おりものの状態は、
よくのびるおりものが大量に出始める時期は排卵日が近いです。

排卵痛は女性の2割の方にあるようで、私は腰やお腹が痛くなります。


私はおりものと排卵痛で、排卵日が分かるようになりました。

もっと正確に排卵日を知りたい方は
産婦人科でいつ排卵するかがエコーで分かるので、病院に通うのも手だと思います。

一度私もエコーで見てもらいましたが、料金は保険適用で一回2,500円でした。
排卵検査薬は安い物だと薬局やネットで10回分3,000円程度で売られています。

男の子を一番授かりやすいのは、
排卵の12時間前~排卵後の12時間後の24時間の間です。


男の子の精子は、泳ぐスピードが速いかわりに寿命が短いので、
女の子の精子よりも早く卵子に到着することが必要になってきます。


では、これらを実際に忠実に守ったところ、
本当に男の子が産まれるのでしょうか?


sponserd link

男の子の産み分けの確率は?成功&失敗体験談



確率に関しては何とも言えませんが、
産み分けで有名な杉山産婦人科では過去20年で5000人を調査した結果、
73%の人が男の子を出産しています。


成功した方の中には、
旦那さんに2週間禁欲をお願いし、元気な男の子の精子を貯めてもらい、なるべく子作りは濃厚にして、出す時は奥に出した結果、希望の男の子が産まれた方がいます。

一方、すべて完璧にしたつもりだったのに、女の子だった方もいらっしゃいます。
その方は中国カレンダーがたまたま女の子の時に妊娠してしまったようです。


”何もしないで男の子が生まれる確率が50%だとすると、
産み分けを実践することで23%可能性があがるということ。”



何もしないで後悔するよりかは、
男の子希望の方は排卵日を把握したり、リンカルなどを試してみてはいかがでしょうか。


まとめ




今回の記事の要点をまとめました。

・リンカルはきちんと飲んだ方が良い

・産み分けにきく食べ物には科学的根拠は今のところない

 それよりも食事はなるべくバランスよく摂るのがオススメ

・産み分けにもっとも重要なのは「排卵日」

・産み分けに焦りは禁物


男の子希望の時は、排卵日当日を狙います。
男の子の精子は寿命が短いため、排卵日2~3日前の行為だと寿命が長い女の子の精子が卵子に到達してしまいます。


私の見る限り、早く妊娠したくて、焦って回数を増やした結果、
女の子だったという方が多いです。



男の子の産み分けには、特に焦りは禁物です。
人によっては、年齢の事もありますが、後悔しない産み分けをおこなってください。


sponserd link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。